無線機の魅惑

無線機の活躍場所

無線機が活躍している場面はたくさんあります。あなたはどれだけ分かりますか?
よく使われている場所の一つとして競馬場です。
そこでここではそんな無線を使っている代表的な仕事を紹介したいと思います。

・タクシー

会社が仕事の依頼を受け、タクシーに指令を出します。そこで無線が使われます。
会社からの指令を受けるほかにも、仲間同士連絡を取り合う手段として使うこともあります。
「○○道路は渋滞しているよ!」と仲間に連絡をすると、渋滞している道を避けて行くことが出来ますね。
急いでいるお客さんを乗せて渋滞にかかったとき評価が下がってしまうかもしれません。
スイスイ進めばお客さんも満足してくれます。

・工事現場

工事現場でよく使われているのを見かけます。例えば測量。測量するとき2人で行います、相手との距離が離れるほど声は届きにくくなります。そこで無線機をつかうと相手と交信できるので「もう少し右によって。」とできます。たまにジェスチャーで「右によって!!」としている人を見かけますが無線機を使うと作業がもっとはかどると思います。
道路工事では、片道をを封鎖しているので、片側1車線を交互で使うことがあります。
この時、誘導員が無線機で通信して効率よく車を誘導しています。

・パチンコ店

パチンコ店へ入った事はありますか?会話が出来ないくらい色んな音が大音量で流れています。
ここでは耳元で大きな声を出してやっと会話が出来ます。少し距離があると話し声は相手に全く届きません。なのでパチンコ店では、インカムタイプの無線機を従業員は必ず装着しています。
管理室から「○番にドル箱を用意して!」と指令が来ると、すぐ行動できます。お客さんも気が利くパチンコ店だな。と高感度も上がり、常連客になる事もあるでしょう。