無線機の魅惑

盗聴器

盗聴器・・・盗んで聴く機器・・・聞くだけで恐いですよね!!テレビ番組でも度々取り上げられる事があります。仕掛けられたことに気付かないで今も普通に生活をしている人も数え切れないほどいます。
もしかしたらアナタも盗聴されているかも知れませんよ!そういう私も・・・ってありえませんね。
しかし、この盗聴器の被害が年々増えているんです。どう対処したらいいんでしょうか?
盗聴器は、気付かないうちに仕掛けられることが多く、一昔前と違いコンパクトになっているのも特徴です。見つけるのも困難です。
では、一体どうしたらいいのでしょうか?自分の身を守るのは自分です。どういった対策があるのか?また盗聴器発見方法はあるんでしょうか?

盗聴器の目的って?

まず基本的なことから。盗聴というのは電話や会話、または通信など本人に知られないようにこっそり聴くことです。
聴くだけだなく、声や会話や音などを録音する事もあります。良い使い方では聴取・録音した音から事件解決や犯人逮捕・人探しなどがあります。相手の事が好きだから。嫌いだからと仕掛ける理由さまざまです。
しかし、盗聴器はこのような目的で使う人はごくわずかで、盗聴器を利用している多くは会話を盗聴し相手の行動を知るために使われているんです。
最近では巧妙な手口での盗聴が進んでおり、多くが部屋内に取り付けます。盗聴器には全然見えないデザインの盗聴器があります。

盗聴器の大きさ

盗聴器の大きさは、物の数年で驚くほど小さくなりました!小さいだけでなく薄型スリムにまで進化しました。
一昔前の盗聴器と言うのは大きな箱型で色もブラックで、設置しても一目でバレるくらいの存在感があったんです。仕掛ける場所も押入れやベッドの下物陰が限界でいつかは絶対にバレるぞ!って感じでした。
しかし、今では小さいので気付かれる事は少なく、そのうえ性能も良くなっています。名刺ケースにスッポリ収まる盗聴器もあれば、ペンの中に仕込まれている盗聴器までもあります。
電源も、部屋の配線から電気を引いているタイプと、で電池式があります。電源をひているのは電気が流れている間は半永久的に稼動し続けるものが多いようです。

盗聴器のカタチ

盗聴器はどのようなカタチで私たちの身の回りに潜んでいるのでしょうか?気になりますねー。
一般的に知られている盗聴器は「三角のコンセント」ではないでしょうか?数年前に実際に見たことがあるんですが、普通にホームセンターで売られているコンセントと全く同じでした。機能も全く同じでこれは気付かないわ!!って思ったのを覚えています。
以前の盗聴器は「盗聴器」というカタチでしかありませんでした。しかし最近の盗聴器は外からでは分からないように仕組まれている傾向にあるんです。
ペンや電卓、電化製品のなかで秘かに盗聴しているんです。物の中に隠れ部屋に置いてあっても違和感が無いので気付かないんです!